お風呂用洗剤を使わずに掃除

お風呂は、一日の疲れを癒してくれるリラックスできる空間ですが、湿気が多いため、少し放置しただけでも汚れが発生してしまいます。
その他にも石鹸やシャンプや水道水のミネラル、入浴剤の保湿の成分を栄養分に雑菌が繁殖し、ぬめりやカビが広がっていきます。
お風呂掃除は、身をかがめて浴槽をこすったりと身体的な負担も大きいですし、ちょっと憂鬱になってしまいます。
汚れをためると、落とすのが大変で時間もかかってしまいます。
赤カビは、お風呂場のすみによく現れるピンク色の汚れで、ロドトルラと呼ばれる菌です。特別な薬品など使わなくてもこすれば簡単に落ちます。
黒カビも赤カビと同じ菌による汚れですが、根を張って奥深くにまで入り込んでいるので、塩素系漂白剤で根元からしっかり取り除かなければなりません。
鏡などをくもらせる水垢は、水道水のミネラル分が蓄積したものです。
アルカリ性ですので、酸性の洗剤などを使うと中和して落ちやすくなります。
床が黒ずんでいるのは、皮脂が蓄積したものです。
酸性の汚れですので、アルカリ性のもので落とします。
お風呂は、浴槽、排水口、床、壁、鏡、天井、換気扇、お風呂の小物と掃除する場所もたくさんあります。
毎日お掃除するのは大変な作業ですが、やはり清潔な状態にしておきたいですよね。
少しでも効率よくお風呂をきれいにするためにはどうしたらいいのでしょうか。
みなさんどのようにお風呂掃除をしているのでしょうか。

お風呂掃除を時短で掃除する方法

いざお風呂掃除をやろうと思うと腰が重くなりますよね。 お風呂に入りながらさっと掃除してしまいましょう。 シャンプーは風呂洗剤と同じようにスポンジで浴槽内などを掃除できますし、リンスはスポンジに取って鏡を磨くとをコーティングされて曇りにくくなります。

乾燥した状態を心がける

時短で掃除するためには、汚さないように予防することが大切です。 黒いカビやぬめりは湿気や水があれば、繁殖してしまいます。 乾燥させることが大切です。 お風呂を上がった後は、1~2時間でも乾燥させておきましょう。 家族は、出来るだけ時間を合わせてお風呂に入った方が、乾燥する時間が取れます。

お風呂掃除のアイテムを見つける

重曹・クエン酸でも汚れは落ちますが、ひどい汚れには、洗剤を使う方が時短になります。 鏡や蛇口などは、クエン酸を染み込ませてたペーパータオルを貼っていきラップで蓋をして数時間置くとひどい汚れでもピカピカになります。 しかし洗剤ならば、泡を吹きかけて数分できれいになります。

TOP