乾燥した状態を心がける

シャワーでカビを殺菌・防止

カビは温度が20~30度、湿度が70%、栄養となる皮脂汚れや飛び散った石鹸シャンプーが多い環境だと繁殖しやすくなります。
カビは熱に弱いので、50度以上の熱いシャワーをかけることで減らすことができます。
さっとかけるだけでなく5秒以上かけ続けて下さい。
壁や床をシャワーすることで汚れや石鹸カスも一緒に洗い流しましょう。
熱いお湯をかけた後は、シャワーで冷水をかけます。
繁殖しにくい温度に下げることでカビを防止することができます。
さらにお風呂用の水切りワイパーやタオルで水分をふき取ると乾燥が早くなります。
ワイパーで水を切ると大まかな汚れも同時にとれます。
窓を開けたり、換気扇、浴室乾燥機などで出来るだけ換気をするようにしましょう。
換気扇を回している場合は、ドアは閉じた方が早く乾燥するようです。

掃除する場所を減らす

お風呂の床は、カビが生えやすい場所です。
しかし、お風呂にはたくさんのものがおかれています。
シャンプーやリンスなどボトルの裏にもすぐにぬめりが出て気づけばカビで黒くなっていることがあります。
子供のおもちゃも、置きっぱなしにしているとカビが繁殖しやすく不衛生です。
かごに入れておいてお風呂からだしておくとと掃除する手間が省けます。
興味がなくなったものや不要なものは廃棄してしまいましょう。
お風呂グッズは、床につかないように吊るせば、通気性がよくなりぬめりを防ぐことができます。
お風呂のふたは、もし必要がなければ、お風呂ではなく別の場所におきましょう。
湿気がなければカビも生えませんので、手入れの必要がなくなります。
排水溝には、髪の毛を集めるカバーと全体を隠すフタがついています。
全体を隠すフタは、外しておくと湿気がこもることもなく、溜まった髪の毛を取り忘れることもありません。
掃除の手間もなくなります。


TOP